'07 02月24日 土曜日





CRM Debut

『初乗りインプレ』

























そんなこんなで配達されたCRM250R

その場で現金一括手渡し払い

近場の人だと、この点はヤフオクでも安心だね。







合わせて受け取った廃車証

まず、そいつを持って寝屋川の陸運支局へ登録に

言われるがまま書類書いて、あっち行って、こっち行って







当然、登録するには自賠責に加入しないと

12ヶ月から60ヶ月まで選べるんだけど、

まともに走れるか不明なんで、とりあえず12ヶ月にしようと予定

























が、不思議なことに36ヶ月加入

コストパフォーマンスに惑わされてさ・・・







だって、12ヶ月だと9000円ちょい、36ヶ月だと18000円ちょい

金額2倍なのに、期間は3倍

あらお得♪







まぁ、そんなわけでナンバーも買って、登録完了

簡単簡単

























で、帰ってきて、ナンバー取り付けて真っ先に試運転











































・・・しようと思ったんだけど、始動しない!!!









キックをこれでもか、これでもか、としたんだけど

さっぱり







チョーク引いたり、押したり、倒したり

プラグも何度も外したり、眺めたり、キレイキレイしたり







キック・キック・キック







50回か、100回か、

飽き飽きするほどキックしたところ、ようやくエンジン始動

ああ、疲労感満載の2ストサウンド







現車確認の時も、僕だとなかなか始動しなかったけど、出品者サンだと簡単に始動

単なる慣れの違いかと思っていたんだけど、

ここまでも始動性が悪いとは・・・・ハズレだったか?

























そんな淡い思いを胸に秘めつつ、試し乗り







ふーん、なんだか慣れないポジション

車体はやはり軽いね







そんな事を感じつつ、ぼちぼちお散歩

5kmか、10kmか、ちょっぴり隣町まで走ったところで、

























ウォンウォンウォン?







ん、なんだ?

























突然です。エンジンがさっぱり吹けなくなって、







ぎくしゃくぎくしゃく







まったく乗れたもんじゃない程に、ぎくしゃく

パワーもさっぱり出ず、前に進むのも困難な状態







とりあえず、止まって車体回り、エンジン回りを観察

見た感じ、特に異常なし

なんで、再びエンジンかけて走り出す。

























が、ちょいと走ったところで、再びウォンウォンウォン

























最悪です。

























落ち着いて症状を確認







エンジンはかかる。

エンジンかけてすぐは何ともない。

ちょっぴり走ると、突然吹けなくなり、ぎくしゃく

その症状が出ている時は「Temp」のLEDがチカチカ







冷却水は入ってる。

オーバーヒートするような外気温ではなく、

そんなエンジンが温まっているわけでもない。

いくら暖冬と言えども、この季節。

そして夕方。たぶん気温5℃ぐらい







なんだなんだ?







色々試してみる。

チョーク引いてみたり、ライトをON/OFF・・・etc

























そしたら、発見!

ハイライトにしている状態だとギクシャクせず普通。







と言うことは、電装系?

























そのまま、バイク屋に駆け込みましたよ。







かくかくしかじかで、こんな状態なんです。

うーん、すぐは無理だよ。預かりだね。

























そういうわけで、初試乗でそのまま入院







あーあ、最悪だ・・・

























つづきます。


















inserted by FC2 system